のいのわーる(未テスト創作)

Neu/Noir


ゲーム概要

O'No99とか101とかNeuとかああいうゲームの面白さが分からない人のための、つまりわたくし自身のための、ああいうゲームの面白さを完全にスポイルしたああいうゲーム。とりあえずNeuの拡張として。タイトルはsac noirのオマージュですが冷静になって考えてみると独仏ちゃんぽんですね。


4-7人用

内容物
・Neu一式(ノイカード58枚、白チップ21枚 http://www.mmjp.or.jp/icarus/neu/neu_rule1.html)
・黒チップ17枚くらい
・プレイヤー担当色表示マーカー 7色各1
・ベットチップ 7色各1


準備

・黒チップをテーブル中央にまとめて置く。
・プレイヤーはそれぞれ担当色1色を決め、その色のマーカーとベットチップを受け取って手元に置く。
 (マーカーとベットチップは少し離して置く)
・各プレイヤーに以下の枚数だけ白チップを配る。配られたら手元に置く。
 4人ゲーム時は各自5枚/5人なら各4枚/6-7人なら各3枚。
・余った白チップ・マーカー・ベットチップはゲームに使わないのでかたづける。
・カードをシャッフルし、各プレイヤーに以下の枚数だけ手札を伏せて配る。
 配られた手札は手に持って自分だけ確認、他人に見せない(喋るのはOK)。
 4人ゲーム時は各自14枚/5人なら各11枚/6人なら各9枚/7人なら各8枚。
・余ったカード(2枚か3枚)は中央に伏せておく。
・スタートプレイヤーを適当な手段で決める。
・「現在値:ゼロ」「進行方向:時計回り」「手番:スタートプレイヤー」でゲーム開始。



流れ

手番が回ってきたプレイヤーは、以下の3つのうち1つを選んで行う。
 1. 手札からカードを最低1枚出す
2. 自分のベットチップを出す
3. ラウンド敗北宣言を行う(ラウンド終了となる)
1か2を選んだ場合、これを実行した後、次のプレイヤーに手番を渡す。
「次のプレイヤー」とは、基本的には現在の進行方向に見て隣に位置するプレイヤーのこと。
ただし、手番プレイヤーが出したカードによっては、そうならない場合がある。



1. 手札からカードを最低1枚出す

複数枚出したければ何枚出しても構わない。その際は出す順番を明確にすること。
数字カードを出すと、その出した数字カードの値のぶんだけ、「現在値」が増える
(マイナスの数の場合は値が減るが、ゼロ未満にはならない)。
現在値が101を超えるような出し方はできない。
101カードを出した場合、現在値が101になる。
指示カードは、出しても現在値は変化しない。指示カードはそれぞれ後述する特殊な効果を持つ。
出したカードは自分の手元に置く。手元に、前回(またはそれ以前)の手番に出したカードが
既にあるのであれば、その上に重ねて置く。



指示カード

Shot:次の手番プレイヤーを任意に指名する。
Turn:進行方向が逆転する。
Double:次の手番プレイヤーは、最低限出さなければいけないカードの枚数が1枚増える。
Pass:Doubleが効いている場合、Doubleの対象が自分ではなく次のプレイヤーになる。

Shot, Passの効果は累積しない。複数枚出しても、1枚だけ出したときと同一の効果。
Turnは偶数枚出すと効果が相殺され、奇数枚出したときのみ効果が発揮される。
Doubleの効果のみ累積する。
複数枚のDoubleが効いている場合でも、Pass1枚だけで
その全てのDoubleの効果が次の手番のプレイヤーに引き渡される。
Doubleが効いていないときのPassは単に「数字の+0」扱い。



2. 自分のベットチップを出す

ベットチップを出す場合は、自分以外のプレイヤーを1人選ぶ。
選んだプレイヤーのマーカーの下に、自分のベットチップを敷く。
既に誰かのベットチップが敷かれている場合、そのようなプレイヤーを対象に選ぶことはできない。
自分以外の全員のマーカーの下にそれぞれベットチップが敷かれているという状態にある場合、
この行動は選択できない。
また、既に自分のベットチップが誰かのマーカーの下に敷かれている場合も、この行動は選べない。

ベットチップを出した場合、直前にDoubleが効いていたとしても、そのDoubleは無効になる。
ベットチップを出した場合、次は、ベットチップを敷く対象に選んだプレイヤーの手番となる。



3. ラウンド敗北宣言を出す

この行動を選んだら、直ちにラウンド終了となる。
この行動を選んだプレイヤーは、手持ちの白チップを1枚捨てる。

・このプレイヤーのマーカーの下にベットチップが敷かれている場合:
 そのベットチップの所有者は、ラウンドの「勝者」となる。
・このプレイヤーのマーカーの下にベットチップが敷かれていない場合:
 直前の手番を行ったプレイヤーが、ラウンドの「勝者」となる。

ラウンドの勝者は、テーブル中央から黒チップを1枚獲得する。

後述するゲーム終了条件を満たしているか確認する。以下の手順は、
ゲームが続行する場合にのみ行う。

全員、自分のベットチップを回収して手元に置く。

敗北宣言を出したプレイヤーは、自分を含む全員の中から任意の1人を選び、
そのプレイヤーの手元に出され積まれているカードを全て取って手札に加える。
第1ラウンド終了時に限り、中央に伏せて置かれた2-3枚のカードも合わせて取って手札に加える。
なお、手札の補充はこのように敗北宣言を自分で出すことによってしか行えない。
残りのプレイヤーは手札の補充はない。手元に出したカードもそのままにしておく。

新しいラウンドを、この敗北宣言を出したプレイヤーから始める。
現在値はゼロに戻る。進行方向は前のラウンドから変わらない。



終了条件

ラウンド終了時、以下のいずれかが満たされていたら、ゲーム終了となる。

・誰かが規定枚数だけ黒チップを集めた場合。そのプレイヤーの勝利。規定枚数は以下の通り。
 4人ゲーム時は5枚/5人ゲーム時は4枚/6-7人ゲーム時は3枚
・誰かが白チップを全て失った場合。白チップを全て失ったプレイヤーは失格。
 それ以外のプレイヤーの中で、集めた黒チップが最も多いプレイヤーの勝利。
 同点首位が複数いる場合、
 ・その中の誰かが「最後のラウンドの勝者」なのであれば、そのプレイヤーの勝利。
 ・そうでなければ、手元に残した白チップの枚数が多いほうを優位とする。
 ・それでも同点首位が複数いるという場合、その同点首位のプレイヤーだけで、
  延長戦として1ラウンドだけ追加で行う。この延長ラウンドの勝者がゲームの勝者となる。
  延長戦を誰から開始するかは、失格となったプレイヤーが選ぶ。



To Do

・チップ枚数はもう一枚くらい多いほうがいいかもしれない
・三人だとどんなかんじだろうか
・たぶんこのルールだとスキップがあったほうがいい。
 -10と-1は全部スキップ効果を持つとしたほうがいいかも。n枚重ねて出せばn人飛ばし。

・(追記)1人だけベット載せられなくてはぶられることがあって、それは別にいいことにしたんですが、
 やっぱり問題なような気もします。
 解消法としては、ベット使ってないのが残り2人になったときに置く先に制限をかけるとか。
 ただルールがだいぶ汚くなるのが。
[PR]
by Taiju_SAWADA | 2011-08-16 00:57 | 創作関連
<< 重要タイトルで振り返る捏造ドイ... 「いつか王子様が」デザイナーズノート >>