欧州ゲーム屋紀行 フランクフルト編

この欧州ゲーム屋紀行というのは、ま基本的に旅行記ということもあって書いてる本人にとっては大変面白い企画なのですが、読んでる人が面白いかというと多分面白くないんじゃないかなーと思います。面白くないだけならまだしも、あんまり実用性も無い。これは企画の根本的な問題で、プラハまで行ってちっこいゲーム屋わざわざ巡りたいと思うかと問われれば、殆どの人は、いや城とか橋とかアマデウスごっことかでスケジュールが埋まってて、と答えるでしょう。

ちったあ実用的にならないもんかな、というので今回のフランクフルト編には実のところ編集部としても結構な期待をかけておりました。なぜかというと、まずフランクフルトと言うのは当然ドイツです。ドイツなのでゲーム屋のラインナップにも一定の期待が持てます。そしてフランクフルトには空港があります。フランクフルト空港は成田のような糞港と違って市街地から非常に近いので、とりあえずドイツに入ったらフランクフルトに滞在するという可能性が非常に高い。もっとも個人的にはトランジット滞在ならフランクフルトなぞよりもヴィーズバーデンで温泉に浸かるほうをお勧めしますが。そんなわけで滞在してみるとフランクフルトというのはえらく退屈な街なので(金融機関と売春窟くらいしか無いんじゃなかろうか)まあ見事にやることがない。じゃあ土産にゲーム屋でもいくべか、ということになる確率が、他の都市と比べると際立って高いのです。

さて。

無論我々取材陣といたしましては、何の事前情報も持たずに街をぶらつきまわるのは避けたいのでして、事前にwebとか使ってショップの情報など集めておくわけです。でもって立地条件とか雰囲気とかである程度絞って、これは大丈夫だろうというところに出向きます。


Time Trader
Berger Str. 280-284

郊外とまでは行かない私鉄沿線な感じの町並みをてちてちと住宅街方面に進んでいって数分。最近日本でも少しずつ出てき始めているドネルケバブ屋台の脇を通り、幼稚園を脇目に見つつ、到着しましたバーガーシュトラッセ280番地。

スーパーマーケットになってました。


いきなりの歓迎でブルーになりつつ、スーパーで買ったミネラルウォーターなど飲みながら駅に戻り。


Welt der Spiele
Frankenallee 189

中央駅まで引き返して国鉄で一駅。ちょっとこれはどうかという感じの荒み具合で、といっても中央駅周辺の赤線地帯みたいな荒み方とは違う、人がだれもいなくてでかい道があって車だけがばんばん走っている、もちろん高架はその筋の落書きで埋まってる、そんな風景をたらたらと10分くらい歩く。抜けてみるとあら案外ご立派な住宅などもあるじゃないの、とか思いつつ店はまだか。あ、通り過ぎた。戻ろう。また通り過ぎた。

潰れてた。


半泣きになりながら3番目の Comic Laden Franke (Berlinerstr. 20) を目指して電車を乗り継ぎ歩くも、なんで4時過ぎでもう店閉まってんだよしかもほんとにただの漫画屋じゃねえかゲームのディスプレイなんざ欠片もねえぞ、ということでもう恐慌に襲われて滅びてしまえこんな町。
(※Comic Laden Frankeは単に土曜は4時までしかやってなかったというだけで潰れてるわけではないし、今までの傾向から言って日本漫画を置いてる店にはゲームも置いてある可能性は高いんで、暇なら行ってみてもいいかもしれません。とは言ってみたもののウェブサイト http://www.comicladenfranke.de/ を見るとゲームの欠片もないですなあ)

a0026478_0272111.jpg


Spectaculum
Stoltzestr. 11
Konstablerwache (U4,U5,U6,U7, S-Bahn全て) 歩5分くらいだったような気がする

また閉まってるよ! 4時で店閉めるのやめろー! (しつこいようですが平日は7時まで開いてますよ)

えーと、とりあえずここはゲーム確実に置いてあります。ディスプレイも覗き見た店内も、どこに出しても恥ずかしくないウォーハンマー屋。ウェブサイト http://www.spectaculum-frankfurt.de/ も全力でそのウォーハンマー屋っぷりを主張しておりまして、しかしウォーハンマーはイギリスのものだろう。僕が今探してるのはドイツゲームのお店であって、別にこんなとこまできて趣味人がどうとかいう話をしたいわけじゃないのです。

a0026478_0281617.jpg


vedes
Friedberger Strasse 7-11
Konstablerwache 歩1分

ドイツのあちこちにある玩具のデパート。 Spectaculm からの帰りにたまたま見つけたです。うーん。vedesかー。まあ開いてるのはいいことだよね。駅から近いし。確かにドイツのゲームをいっぱい売ってるのは間違いない。ただなあ。なんかこう、そういうことじゃないだろ、という気がまだする。たぶんその気分の正体は4件回って全部スカだったためにやさぐれてるだけ、ということなんだと思うのだけれど。
品揃えは典型的デパート系。ラベンスバーガーとハズブロ。無論ハンスイングリュックとかコスモスとか、メジャーなメーカーのものは一通り置いてますけど、メインはラベンスバーガーとハズブロです。なんでデパートは必ずハズブロものを大量に置いてるんでしょうか。いや、営業が強いのはわかりますけど、ドイツで Trivial Pursuit なんか売れんの?

a0026478_0293879.jpg


a0026478_0295721.jpg


で。

Gamestore by Sulzer (in der Zeilgalerie)
Zeil 112-114
Hauptwache (U1 U2 U3 U4 U7, S-Bahn全て) 歩1分

やっと一軒まともなゲーム屋を発見。Zeilというのはフランクフルトの目抜き通りで、いろんなデパートだかショッピングモールがならんでおります。その一角に「Zeilgalerie」というショッピングモールがあり、このショッピングモールは一階から最上階まで全ての店が螺旋状のスロープな廊下一本に連なっている、という特徴的なモールで、というかそんなことはどうでもいいんですけど、このショッピングモールの一店舗としてゲーム屋さんが入っています。さほど広い店とはいえませんが、ドイツゲーム、ウォーゲーム、RPG、ミニチュアゲーム、日本漫画とゲーム屋五点セットをきちんと揃えており、Spielbox誌も置いてあって(ドイツだからって本屋に普通にSpielboxが置いてあるわけではないのです)、とりあえず欲しいかなというようなものはたぶん手に入ります。電車だと中央駅から乗り換えが1回生じますが、それでもあわせて2駅ですし、お土産ということならここでいいんじゃないでしょうか。
ドイツゲームに限って言うと、品物の量はそれほど多くなく、ですのでレアなものもそんなには置いていないのですが、中古で(新品と全く同じ顔をして売ってますが、中古だけあってちょっとぼろくなってるあたりで見分けましょう)出物がいくつかあります。わたくしが行った時にはシヴィライゼーションのドイツ語版(Piatnik社)とエイジオブルネッサンスのドイツ語版(Descartes社)が置いてあり、安かったのでついエイジオブルネッサンスを購入してしまいました(20Euro)。
このショッピングモール自体はたぶんハイティーンあたりを中心客層として設定しているんだろうというような店構えで、とりあえずハイティーンっぽい服屋とか飯屋とかいろいろ集めてみましたという感じなんですけども、言うまでも無くハイティーンというのは複雑なカースト制度によって分断された世界なわけで、ハイティーン服屋に出向く人々とハイティーンGAMESSTOREに出向く人々というのは全然違う人たちなんじゃないだろうか、それともドイツではそのへんのゾーニングは適当なんだろうか、とちょと疑問が生じたのでした。(www.zeilgalerie.com)

a0026478_0285195.jpg

[PR]
by Taiju_SAWADA | 2005-05-15 00:31 | 雑題
<< 考古学ゲーム マナーからルールへ:追記 >>