ゲーム自作のためのクリップ

重要なことは、価格を適正に押さえることと、なるべく自分の手を汚さないこと。両者はトレードオフの関係を持っています。これに「見栄えのするものを作ること」という第三の条件を加えると、実現可能性という言葉が遠い空に旅立ってしまいます。とはいえ、折角時間をかけて自作するなら格好の付くものにしたいわけで。

※別方面として Cheapass Games のスタイルを取るという手もありますが、 Cheapass のコンポーネント面におけるセンスの良さを再確認して終わるということにもなりかねません。


* リンク集 *

http://spotlightongames.com/list/design.html

お役立ちリンク。極論すればここだけでいいかも。英語。

http://www.silcom.com/~tomjolly/design.htm

Tom Jollyによる「如何にしてゲームを売りに出すか」。当然英語。



* 駒をどうしよう *

小ロットだと厚紙に型抜きで切れ目を入れてという方法よりも、駒にシールを貼ったほうがいいかもしれませんが、実際のところどうなんでしょうか。


Safe-T Products
http://www.highhopes.com/safe-t.html

via [ボードゲームのおもちゃ箱: ゲームマーケット2005レポート さとーの視点から]
http://www.bisyoudou.com/~toybox/esen/gamemarket_2005.html

いろんな種類の駒が用意されていてなかなかすばらしいかもしれない。


Spielmaterial.de

http://www.spielmaterial.de/

使用レポート [moon Gamer: 木製ブロックを探索する]
http://moon.livedoor.biz/archives/21801899.html

ドイツ物で使われている光沢付きの木駒にはやはりあこがれます。


ゲームストアバネスト
http://banesto.cside9.com/

コストはかかりますが数にある程度の融通が利くのと話が早いのがメリット。



* カードは? *

カードはとりわけ大量生産によるコスト削減効果の大きい分野で、ということは小ロットだとかなりきついということでもあります。

ポプルス
http://www.inv.co.jp/~popls/

「同人印刷で行う限りにおいては」という注釈つきですが、たぶん一番安いです。それでも結構するけど。

ほかにもカードを扱っている同人印刷屋は何件かあります。



* 外箱とか *

商品の見た目ということを考えたときに、一番最初に目に入るのは当然外箱と言うことになります。同人で外箱をきちんとデザインしているところは滅多になく、我々レイトとこぶしゲームクラブも無論例外ではない(というか中でも手抜きが酷いほうから数えたほうが早くて、クラフト色剥き出しのトムソン箱に小さいシールを貼って終わりにしたり、ジッパー付きビニール袋に入れるだけにしたりと愛情のないこと甚だしい)のですが、実は箱というのは案外ちゃんとやろうと思えば何とかなる分野なんじゃないかと思います。というのはつまり、小ロットの箱という市場が存在しているから。同人市場とは何の関係もないところに位置している市場なので使用に若干気後れする部分はありますが、そんなことを気にしていても始まりません。

ということで「貼箱」で検索をかけてみますと、いろんなところが引っかかります。

http://www.livebox.jp/

サンプルを見てると楽しいです。

http://www.boxstore.net/index.html

自動で見積もりを取れるので、相場観を掴むのに便利。

100個を単位ロットとしているところが多いのですが、もっと少ないロットからやっているところもあります。
無論箱だけじゃなくて箱の上に何らかの印刷加工をしないといけないんですが、こうなるとちょっと大変で、普通にオフセットでやろうとすると最小ロットが500個だったりするところが殆ど。このへんはまだ同人業界ほど慣れてないというところですか。妥協案として箔押しという手があり、これだと小ロットでもやってくれるみたいです。基本的に単色の線画、しかもあまり大きい面積は取れないということで制約は強いですが、たとえば Reiner Kniziaの Thor (Heidelberger Spieleverlag, 2002) なんかはこの手法で作られてて、地味っちゃ地味ですがすばらしく上品にまとまっています。


* ボードをなんとかできないか *

これも同人印刷屋では扱ってない分野。ボードじゃなくて布地に印刷しようというのでタペストリー印刷という方法はあり、一応これだと同人屋で扱ってるんですが、単価が高くて全く割にあいません。A2一枚2000円オーバー。

どちらかというとこれも箱屋のルートから攻めてったほうが良いのではないでしょうか。

http://www.livebox.jp/shohin/hako_et15.html

たとえば箱屋はこういうメニュー台紙なんてものもカタログに用意してたりしますし。


* ゲーム自作関連の文章 *

http://someiyoshino.cool.ne.jp/analog/gecchu/labo.html

自分でレイアウトを組んで断裁指定して、ってやったほうが確かに安いんですよね。どうせカード印刷してもらったところでセット単位にソートするのは自分でやらんといけないわけであって(←ここ重要)

http://www.h6.dion.ne.jp/~fukkou/bod/jis/do/index.htm

駒をどうする、ってんで身近になんかないか探すのは当然みなさんやるわけです。そして都内のダイソーから何かの在庫が消えていく。

http://crocro.com/game/product/space_station/index.html

スペースステーション。全部自作であれ作ったのかー。



* 追記(2005/9/3) カードについて補足 *

カードの値段というのは具体的には100部×50枚だと、cheapass方式(単色刷り角丸無し表面加工無し。紙は色上質紙の超厚口)でも400円を越えます。フルカラー角丸付き表面加工付きにすると1100円。別に高くないじゃないかと言われるかもしれませんけどこれ50枚の値段ですから。ひゃくまいだと単純に倍で2200円。この値段がしかも「最低ライン」で、紙を厚くしたり印刷をトナーからオフセットに変えたりすると更にまた。
(ちなみにポプルスでは、表面ポリプロピレン加工する場合は単色刷り用の紙は使えないとのこと)

とてもじゃないけど出せませんというので何か安くする方法はというと、とりあえずカードのサイズを半分弱にしてみるという方法があります。なんで「弱」かというとカードの裁断誤差吸収用に多少のマチを取っておかないといけないからです。これをやると印刷代および表面加工代は単純に半分になります。裁断量が増えるのと角丸代は理屈上安くなりようがないのでトータル半分までは下がらないでしょうが、1300~1400円くらいにまでは落ちるんじゃないでしょうか。当然このような変形カードのセット扱いは無いので、紹介したリンク先のように自分でレイアウトを組む必要があります。面倒だけどしかたがない。あとスリーブ使えないのも弱点か。

無論のことcheapass方式で押し通せば100枚でも900円で済みますし、さらに小さくすれば100枚で400円台(角丸にすると900円に戻っちゃうけど)。さあどないだ。
[PR]
by Taiju_SAWADA | 2005-08-28 22:29 | 創作関連
<< ミニチュアゲームのコンセプト提案書 ブームタウン >>