内紛または内紛もどき

何度繰り返しても喋ってるほうは飽きないテーマなのでまた扱うわけですけど、ボードゲームというものは基本的にゼロサムの構造を持っているがために、扱いづらい題材というものがあります。ここで題材というのはアラビアンナイトがどうとか鉄道がどうとかいうスキンの問題ではなく、ディレンマの構造だったり集団思考の結果だったりとかそういう系統の話で、たとえばというので取り上げるのが内紛という現象です。

いや、範囲を限定してしまえばむしろこれは楽なテーマでして、具体的には内紛の発生後をゲームのスタート地点として、その発生した紛争に勝利することをゲームの勝利条件とするのであれば、そのようなゲームはごく普通に存在します。しかしこのような処理を行った場合、元々の題材である「内紛」は、それこそアラビアンナイトと同じく単なる後景になってしまい、構造としての内紛を表現したことにはなりません。

内紛の構造上の楽しさというのは、みなさん一致して本来やるべきことが他にあるにも関わらず、それとは全然関係ない争いに現を抜かしているというところにあります。前述のような形で内紛を取り扱ってしまうと、結局のところその紛争に勝ってしまえばそれでそのゲーム世界における最終目的を果たしてしまえるわけで、「一致して本来やるべきこと」というのがゲームのどこにも出てこない。内紛の一番面白いところが飛んでしまっているのです。

さてどうしましょう。本来やるべきことと全然関係ない争いとどっちが大事かと言えばこれは本来やるべきことなのであって、そして本来やるべきことというのは一致している必要があるので、ということは協力ゲームの枠を持っている必要があります。問題は、これも以前触れたような気がするのですが、協力ゲームというのは実質一人ゲームなので、そのままでは内紛が発生しないということです。

この「協力ゲーム=一人ゲーム問題」について、最近の話題作である Shadows over Camelot (Cathala and Laget / Days of Wonder, 2005) では裏切り者を入れるという解決策を試みています。このゲームにおける裏切り者の効果は、他者の提案をそのまま自分の提案として受け入れることをプレイヤーに躊躇わせるというレベルで、情報秘匿によるプレイヤー間の情報差を強調する点については限定的なんじゃないかと思っているのですが、まあ少なくとも一人ゲームでない「おおむね協力ゲーム」というものが存在可能であることが示されてはいます。このような攪乱要素を用意することにより、協力ゲームに内紛を発生させることは、いちおう理屈の上では可能ということになります。

ただねえ。とちょっと溜息をつきたくなるのは、理屈として存在しうるということと実装方法を思いつくというのは全然別のことなので。そもそもまともに検討されたことが殆どない枠組を用いて、その枠組の新しさとは別のところにある新しさを実現する。ということがどれだけの難事業か考えると、ちょっと日和ってもいいかなー、という気分になります。

なので日和ってみましょう。さきほどのアプローチでは理想主義者っぽく、一致して本来やるべきことを優位としたわけですが、ここでは一致してやるべきこととうっかり実際にやっちゃう闘争とを等価で扱うことにします。つまり、さっきの例が「協力ゲームなのになぜか内紛が発生する」ことを目指すものだとすれば、こっちは「協力ゲームとしての側面と闘争ゲームとしての側面を併せ持つ」ものだということになります。

そしてこれは実装にそれほどの苦労を伴いません。単純に考えると、
・一致して目指すべき勝利条件
・ゼロサムゲームとしての勝利条件
以上の両方を満たして初めて勝利とする、としておき、そして両者の間にトレードオフがかかるようにしておけばよさそうです。これも昔触れた「全員勝利=全員敗北=引き分け」という徒労感の排除を考慮に入れるのであれば、ゲームをペア戦ないしグループ戦として、
・グループとして目指すべき(他のグループに対して勝利を収めるための)条件
・グループ内での闘争に勝利するための条件
の両方を満たして初めて勝利、とすれば問題ないでしょう。完全にゼロサムな古典的ボードゲームの枠で取り扱うとなるとこのへんが限界ではないかと思います。

とはいえ、これだとやはり内紛の面白さのいくらかは消えてしまっている感があります。本来やるべきことがあるにもかかわらず、という馬鹿馬鹿しさに内紛の素敵を求めるとすると、グループとしての目的と内部闘争とのバランスを取ることを要求するこの構造は、内紛というにはちょっと賢しすぎる。できるなら内部闘争よりもグループ目標のほうが優位であるということを表現できる協力ゲームの枠を用いてなんとかしたゲームを見てみたいものです。たぶんえらく難しいでしょうけれど。
[PR]
by Taiju_SAWADA | 2005-10-26 01:09 | うわごと
<< Happy Dog (あとでた... Rethinking Nako... >>