アーク Arche Opti Mix

[邦題は「ぴったりの箱舟」あたりのが原題に忠実でいいのでは。内容は文字通りぴったりに、というかここまでやるとぎちぎち過ぎて後で出せなくなるんじゃねえのかというくらいの勢いで動物を箱舟に詰め込みましょう、というもの。要は川渡り問題をアレンジしたようなゲームで、肉食動物と弱い草食動物は一緒の部屋にいれちゃだめとか、植物と草食以下略、なタイトな制限下で、他プレイヤーより多く手札の動植物を船に入れれば勝ち。ちなみにどうやっても駄目な場合は船室の増設ができる。いいのか。]

さてこのゲームをどうとらえればいいのか。とにかく制約が多くて、いや別に制約が多いこと自体は構わないといえば構わないんですが、言うまでも無く制約はルールなので、効果的な補助表示がついていないんであれば何とかしてこいつを全部覚えないとゲームが始まらない。いや無論各カードにはそれなりに表示もついてはいますが、特殊効果についてはテキストがついてなかったりとか色々不親切な点があり、ゲームを始めると結局一個一個マニュアル首っ引きで確かめないといけないことに。 Doris and Frank のゲームといえばちょっと前にも大貧民みたいなゲームで似たような表示の不親切があったような気がしますけど、このへん如何に見栄えが良くても同人物は同人物、ってことなんでしょうか。

始めるためのハードルが高いんであれば、そのぶんそのへんのルールはきちんと意思決定に噛んでくるんだろうね、と期待をゲーマーズゲーム方向に振ってみましょう。ところが別にその方面でもこのゲームはかなり微妙で、というのはこのゲームにおいて「あれもできないこれもできない全然駄目ー」というシチュエーションは当然いっぱい出てくるんですが、しかしこれは多くの優れたゲーマーズゲームと一部の極めて優れた非ゲーマーズゲームがそうであるような、今見えている局面と自分だけが持っている情報から手筋を一つ一つ読み進む熟考を重ねた結果、ということではぜんぜんないのです。単に一個一個マニュアルの記述を上から確認していってこの札はオケーこの札はだめ、とひよこ鑑定を行った結果でしかありません。

別にこのゲームに遊びでが全くないということではなく、動物の補充をどのへんでやめて船に放り込み始めるべきか(手は広く持っておくほうが良いのでカードの補充はしたいけれどもゲーム終了までに使いきれないのなら単に手損)とか、隣のプレイヤーがプレイできる可能性を完全に潰すにはどうしておくべきかとか、それとも自分が出し易いカードを優先的に処理しておいたほうがいいかとか、悩めるポイントはいくつもあります。駄目なのは、ゲーム全体を支配しているひよこ鑑定の重量のせいでそうした遊び所を強く認識できないってことで、もっとずっと軽く仕上げるか、あるいは川渡り自体にもっと戦略性を持たせて正しいゲーマーズゲームに仕立てるか、どっちかにウェイトを振るべきだったと思います。このままだと「頭を使わずにゲーマーズゲームの嫌な部分を体験するゲーム」にしかならないんじゃないでしょうか。いや、 Doris 画のナイスなどーぶつがいっぱい見れるんだから細かいことはどうでもいいじゃんという意見には黙って賛同したいところでもあるんですけど。

Arche Opti Mix
by Doris Matthaus and Frank Nestel
(Doris and Frank, 2005)
★★
[PR]
by Taiju_SAWADA | 2006-03-22 00:44 | 感想・紹介
<< 「である」のではなく「になる」こと ティンブクトゥ Timbuktu >>