欧州ゲーム屋紀行:ロンドン編

(写真とかその他は後で入れる予定)

正直なところロンドンには紹介に値する店が少ないのです。グリニッジやその他郊外まで行けばまた話は違うのかもしれませんが。


Leisure Games
110 Ballards Lane
Nearest Station: Finchley Central (Northern Line) [5min]

イギリスのボードゲームショップとしては最も有名な店と言ってよいと思います。ゲームの個人輸入をやる人にとっては通販ショップとしてお馴染みでしょう。F.Treshamの手による鉄道ゲーム「1825」(1829のリメイク)など、この店以外の通販ではなかなか手に入りづらい商品もあったりします。店舗のほうも期待を裏切らず、全方位的に豊富に取り揃えられております。
店の一部は(おそらく通販用の)事務所になっており、従って実際のところ店の面積自体はさほど広いわけではないのですが、しかし品揃えという点においてこの店に不満を抱くことはおそらく無いんじゃないかと思います。
というわけで「ロンドンなら何も考えずにLeisure Games」と言いたいところなんですが残念なことにそう言い切るには少々の躊躇いが無いでもなく、何が問題かというと例によって中心街からの距離。Northern Lineに乗って野を越え山を越え、いや電車に乗っている時間は実際のところそう長くも無いんですけども、ホームに降りるとそこは立派な田舎町。ウェストミンスター寺院だのロンドン金融街だの妄想している観光客に素敵な現実をたたきつけてくれます。観光のついでに立ち寄るにはちょっと荷が重いかもしれません。いや間違いなく重いです。


Playin' Games
33 Museum Street
Nearest Station: Holborn (Northern Line, Central Line) [7min]

Leisure Games は立ち寄るにはあまりに遠すぎる、という一般観光客(ロンドンまで来てゲーム漁りを始める連中が一般観光客かという問題はさておき)のかたはこちらをどうぞ。住所に「33 Museum Street」とありますが、このMuseumというのはかの有名な略奪の殿堂、皆様ご存知大英博物館のことであります。Museum Streetは大英博物館正面玄関前から伸びている割と細めの道でありまして、その付け根の部分、つまりほぼ「大英博物館の向かい」と言ってしまって構わないであろう場所にこのお店は位置しています。博物館観光の際はぜひこちらもどうぞ(ここも閉まるの割と早いんでお気をつけください)。
品揃えとしては、Leisure Gamesからミニチュアゲーム関連を取り除いた感じ、と言えば最も近いでしょうか。一階には(なにしろ場所が場所ですから)バックギャモンとかトリヴィアとか分かりやすい商品が陳列されていますが、地階に下りると遠慮なくウォーゲームやらドイツゲームやらゲーム雑誌やら並べられております。このラインナップだとミニチュアゲームが無いのが不自然なくらい。



Orcs Nest
6 Earlham Street
Nearest Station: Leicester Square (Northern Line, Piccadilly Line)

駅から歩いて何分だったか記録がないのですが、たしか割と近いところにあったような気はします。ここはRPGショップでして、大量のRPGと大量のミニチュア、あと多少のドイツボードゲームと英米ボードゲーム(それぞれ1棚ぶんくらい)が置いてあります。
但しミニチュアといっても、このお店はGames Workshopとは契約を結んでいないらしく(Games Workshopサイトのショップリストにはこのお店は出てきません)、ここで手に入るのはGames Workshop以外のミニチュア、ということになります。かなりニッチな部分を攻めているような気がしてなりませんが、それがお店の方針と言うことなのでしょう。Games Workshop製のミニチュアをロンドン中心街でお買い求めになりたい場合は直営店(いっぱいありますが、たとえば GW London Oxford St. [The Plaza Shopping Centre 1F, 116-128 Oxford Street] とか)でどうぞ。


Harrods
Knightsbridge
Nearest Station: Knightsbridge (Piccadilly Line) [0min]

専門店ではないところでゲームがどのように扱われているのか調べるためにハロッズの玩具売り場もチェックしてみることにしました(ちなみにセルフリッジには玩具売り場ありませんのでお間違えなきよう)。入るときにドレスコードに引っかかって「そのでかいリュック下ろせ」とか門番に怒られたりしつつ、進んでみると一応あることはありました。んーと、東急ハンズ並み、という表現が妥当ですかね。めぼしいものは殆ど無いという感じですが、それでもFantasy Fright Gamesものをいくつか置いていたり、Citadelsなんてものもあったりで、仕入れ担当者もそれなりの工夫はしてるかな、という気はします。
Games Workshopはどうやらハロッズに品物を卸しているらしい(Games Workshopサイトのショップリストにハロッズが載ってた)のですが、僕はミニチュアが陳列されているのを発見することができませんでした。どっかに隠してあるのかもしれません。
なお、巨大玩具店であるところのHamleys(188-196 Regent Street)も概ねハロッズと同様の棚作りですが、ハロッズと比較するとやや英語圏寄りで、そのぶんドイツ系への気配りは薄いという印象です。もともと薄い気配りのなかでの比較ですんでどうでもいいといえばそのとおりですけど。
[PR]
by Taiju_SAWADA | 2004-07-13 22:37 | 雑題
<< 24H更新:Vertigo 和訳追加 欧州ゲーム屋紀行:ベルリン編(後編) >>