価格の設定とルールの公開について

重力についていくつか評を頂いていて、まあゲームの内容自体については、既にルールとヴァリアントと(ヴァリアントがルールに入ってなかったのは、その、ごめんなさい)前口上で概ねこちらからご返答すべきこととしては充分足りてるかなと思うわけですが(※)、価格とルール公開について疑義のある方がいらっしゃるようで、この話は割といろんな方向に面白い内容を含んでいる気がするので、記事にしてみようと思います。

(※いまのところ見かけてませんが、もし「あんだけ『テーベの東』を腐しといて全く同じ乖離を起こしてるってのはどーゆーこと?」という感想をお持ちの方がいらしたら、苦笑とともに申し訳ないと謝っておきます。)

まずは事実関係から。このゲームの原価率は 67% くらいで、つまるところ原価 3350 円前後となっています。 この 67% という原価率設定が高いか安いかという話になると、同人として見ればやや高く、営利メーカーが自社製品の直売に対して付けるものと見れば安すぎ、営利ショップが他所の製品を売るときの原価として見るなら妥当、というところでしょうか(重力、というか Late Toccobushi Game Club の製品はこの三者いずれの立場もそれぞれ含んでいます)。内容物については、最小限とまでは言えませんが不要なものによる嵩上げはしてない、はず。ここから原価を下げるとなるとみんな大好き Cheapass Games 的手法によりフェルトを外し石を外し秤を外し、ってやってくと箱とルールしか残りませんね。

(追記:原価率の話で「高いか安いか」と書くべきところを「高いか低いか」と書いてしまい、意味が全く逆になってしまっていたので、修正しました)

購入側から見てみましょう。フルサイズのボードゲームが 5000 円という値付け自体は、現状の日本あるいは欧州のデザイナーズゲーム市場を見る限りでは、普通です(欧州では 30 ユーロが多いです)。欧州には商業ときっぱり分かれた同人市場というのはどうやら無いようで、その代わりにみんな大好き(かどうかは疑問がありますが) R&D Games みたいな「同人のようなもの」メーカーがいて、ブツの品質(ゲームの品質、じゃないですよ)としては大メーカーと一緒だったりちょっと劣っていたり思い切り劣っていたりするものを、思い思いの値段で売っているようです。

では重力の値段であるところの 5000 円というのに納得性があるかというとまた別の観点が必要で、というのは普通の(市販の)ボードゲームの場合、メーカーにとっての原価と、同じものを一個だけユーザが自作した場合の原価には大きな差があり、この量産効果の部分がメーカーの大きな存在意義となります。他所の製品を挙げるとあれなので Defenders of ClayArt を例にとると、あれの原価率は当然のように 50% を下回ってますが(それでも正直原価高すぎて困ってはいるわけですが)、あれと同じものを一つだけ作ろうとして 2500 円で済むということは、まずありません。 5000 円で作るのも難しいでしょう。しかしこの理屈は重力については殆ど成立しません。一箇所だけ量産効果のある箇所(題字の判子が 2000 円)がありますが、これを除けば誰が作っても 3250 円と工賃です。工賃としての 1750 円が妥当か否かは人によるところでしょう。

ところで、ここまでの文章においては「著作物/作品としてのゲーム」という観点を意図的に外しています。というのは、純粋に作品としてゲームを捉えると、価格設定は別段いくらであっても構わないことになるからです。ただの石にルールを付属させただけで数万円しても別にいい。というよりもこの場合、製品の量が限られているのであれば、値段はオークションで設定するのが妥当です。「アイデアに対して金を払う」という言葉を聞くことが時折ありますが、その言葉の含意がここにあります。そしてこの場合、アイデアという無形のものに対して金銭の遣り取りが発生していることになるので、その無形のものの取り扱いについては注意が必要となります。ルールの公開の是非についての議論というのは、基本的にはこの発想から来ているものと考えてよいでしょう。

私はこの発想を全く信用していません。

これについては B2FGames LLC では別の意見があるはずですが(というか B2FGames はお客様を試すようなことをわざわざしたがる嫌なメーカーなので、そのうち『ただの石にルールを付属させただけで数万円』というようなものを本当に作るかもしれません)、 Late Toccobushi Game Club の製品は一貫して、金銭の遣り取りは有形のモノの流通に対して行われる、という前提のもとに作られています。この前提がどこに現れているかというと、 Late Toccobushi Game Club の出版物は五点全て(*)、ルールの公開が、遅くとも出版物の販売直後には行われています。

(*この「全て」には、 Reiner Knizia によるルール集の和訳である「古代ローマの新しいゲーム」が含まれることを特記しておきます。実は最初は書籍そのもののデータをPDFにして無料で丸上げするという計画だったんですが、それはさすがに Knizia に断られました。)

問えば口では皆さん「この素晴らしいルールに対して金銭を支払っている」と答えるのですが、そして私もそう答えるのですが、結局のところ我々が関わっているのは悲しいくらいファインアートとは異なる世界なので、どれほどの名作であっても、コンポーネントと価格が釣り合っていなければ皆さん「高い」と言うわけです。私も言います。ですんで Late Toccobushi Game Club のゲームの価格設定は、あくまで工賃と相場という考え方に基づいて行われ、ルールはそれ単独であればただの文章に過ぎないということで無料で提供されています。

(しつこいようですが B2FGames LLC は別です。『くいずです』については著作者である私に6%の印税が支払われており、ルール公開もいまのところ行われていません。【B2FGames側からの指摘により訂正。ルール公開してましたねそういえば。一年しか経ってないのに既に記憶が風化している...】ちなみにこの 6% というのは Casasola-Merkle にドイツゲー業界における印税の相場について聞いたら返ってきた数字であり何か Costikyan 、じゃなくて Designer X だったか、が愚痴っていたのとは随分違うような)

さて、ここまでは Late Toccobushi Game Club の話だったわけですが。このドライな割り切りというのはドイツボードゲーム業界全体が持っている特徴であり美質である、と私は考えています。

他の著作権絡みの業界を覗いてみると、ポピュラー音楽業界なんかが正に典型で、情報とメディアの分離が可能になり、そして根源的価値がどうも情報の側にあるんじゃないか、ということになってきた今になって業界全体がうろたえています。消費者は「メーカーなんざ死んじゃえ」とか平気で言うし(私も言いますが)、場合によってはミュージシャンも同じことを言うし、でも別に消費者はミュージシャンに対して直接「この素晴らしい音楽に対して金銭を支払」うための何かを真剣に考えているわけでもなく、メーカーの側もミュージシャンの恨みを買う程度には粗雑な対応をどうもしているらしい。なんかまあ大変ですねという感じではあります。

これと比べると、そもそもボードゲームというのは情報とメディアが、ルールとコンポーネントとして最初からきっぱり分かれています。そして別にルールを眺めるだけでは何も嬉しいことが無い。構造自体がメーカーにとってわかりやすい形になってるのですね。六十年代米国や七十年代英国のメーカーが態度を明確にしていたかどうかは定かではありませんが、九十年代ドイツのメーカーは www の大衆化と殆ど同時と言っていい素早さで腹を決めました。アップロードされる英訳に対して黙認ないしは明示的な許可を与え、また後には自らも英訳を公開するようになります。

また、これは本来の意図とか Costikyan の愚痴とかを考えると微妙なこともありますが、ゲームデザイナーに対してあくまで 6% の印税とアドバンスを払うだけ、という冷たい態度を貫いたことも、今となっては有利に働きました。要はルールには印税分の価値しか無く、故にゲームデザインを生業とすることは殆ど不可能である、作家とは職業ではない、ということが明確になったのです。この観点ではゲームのルール自体では無く文章にしか著作権が働かない、という例のあれも効いているのでしょう。ゲームデザインが職業とならないことによる利点は二つあり、ひとつは作品が締め切りに制約されなくなるということですが、もうひとつ挙げられるのは、作家が著作に対して経済的に依存するあまり醜悪な執着を見せることが無くなるという点です。これも説明よりは他の著作権業界との対比を例示するほうがわかりやすい話ですが... 例示するまでも無いですかね。対してデメリットは作品に対して金銭コストをかけられなくなることですが、幸いにもボードゲームのルールは元々たいして金銭コストのかかるものではありませんでした。

結果として、情報は金銭的価値を持たないかわりに文化的価値を持ち、メディアは情報の文化的価値を金銭的価値に変換する役割を持つという、他所の泥沼を見るに付け奇跡としか思えないほどの理想的な分業が実現されます。見た目にはびっと性の欠片も無いデザイナーズボードゲームの世界が、ときに依存が感じられるほど www と相性のよい側面を見せるのは、この分業がなせるものです。

最後に Late Toccobushi Game Club に話を戻すと、少なくとも私は www の上の情報に相当な助けを受けてきたので、製品販売においてもなるべく矛盾しないような態度を取りたいし、もし可能ならば購入していただける方ともその部分の価値観については共有できると嬉しいな、と思うわけです。

そして無論、ルールが公開されている以上、批判としての不買行為はいつでも可能です。
[PR]
by Taiju_SAWADA | 2008-06-13 09:51 | うわごと
<< 偽ゲーマーズ (以下の文は直接にはボードゲー... >>